facebookピクセル

顔のくすみの原因はインナードライ肌だった?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ふと見た鏡に映った自分を見て、
「なんか顔色がおかしい!」
と思ったことがある人はいませんか?
その顔のくすみ、実はインナードライ肌のせいかもしれませんよ。

顔のくすみはインナードライ肌のせい?くすみを改善して若々しいお肌に

インナードライ肌とは?

インナードライ肌は、肌の内側が乾燥してるせいで肌の表面が脂でテカっている状態のお肌のことを言います。
そんな複雑なお肌なので、トラブルも満載です。

インナードライ肌の肌トラブル

  • ニキビ
  • テカリ
  • ベタつき
  • 部分によって乾燥
  • シワ
  • くすみ
  • 黒ずみ

ざっと挙げただけでもこんなにあります。
実は女性の約8割の人がインナードライ肌だと言われています。
その中にはインナードライ肌に気付かず、間違ったスキンケアを重ねてしまってさらにお肌の状態を悪くしてしまっている人もたくさんいると思います。

インナードライ肌とくすみの関係

インナードライ肌は、表面が脂っぽく、毛穴に皮脂が詰まりやすい状態です。
また、ターンオーバーが乱れていることもあり、本来なら垢として剥がれ落ちていくはずの古い角質が肌にとどまってしまい、その毛穴の汚れがくすみになってしまうのです。

インナードライ肌以外のくすみの原因

もちろん、原因がインナードライ肌ではないくすみも存在します。

メラニンによるくすみ

日焼けや炎症のダメージでメラニンが大量に作られ、排出がうまくいかずに蓄積されてしまった場合のくすみです。
ビタミンC誘導体やプラセンタなど、美白成分が配合されている化粧品でケアしましょう。

乾燥によるくすみ

肌の水分が少なくなると、ハリがなくなって肌がくしゃっとなり、くすんで見えるようになります。
乾燥した肌には保水・保湿が大切なので、たっぷりの化粧水と保湿成分の入ったクリームでケアしましょう。

血行不良によるくすみ

体が冷えると、血の巡りが悪くなり、血色の悪いくすんだ顔になります。
マッサージをすることで血の巡りが促進されると、血色のいい顔になるのです。

糖化によるくすみ

糖化が原因のくすみは、顔が黄色や茶色になることが特徴です。
甘いものや炭水化物などの糖質を取りすぎない食生活に改善しましょう。

一口にくすみと言っても、肌の不調から、体の奥の不調まで幅広い原因があります。
ただのくすみだと思ってないがしろにしていたら内臓の病気だった!ということもあるようなので、肌がくすんでいるときはきをつけてください。

インナードライ肌が原因のくすみの治し方

インナードライ肌が原因のくすみは、インナードライ肌を改善させることでなくすことができます。

インナードライ肌の改善のポイント

  • ・洗顔をしすぎない(皮脂を落としすぎない)
  • ・タオルで擦らない
  • ・化粧水をたっぷりつけてしっかり保水する
  • ・クリームなどの油分で水分が逃げないようにフタをする

とにかく、肌に優しく、保水と保湿をしっかり行ってください。
洗顔料も、スクラブなどは控えて、肌に優しいものにしましょう。
コツコツと続けることで、くすみのない透明感のある肌を手に入れることができますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
この記事と同じカテゴリーの記事
インナードライ肌対策ができる化粧品
お肌の手入れに悩む女性
髪の乾燥やベタつきを気にする女性
眠る女性
夏の日差しの下歩く女性
同じカテゴリの記事をもっと見る