facebookピクセル

インナードライ肌について調べたら原因が乾燥だったことに驚いた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

原因は内側の乾燥!インナードライ肌とは?

インナードライ肌ってどんな状態?

肌内部の乾燥が原因で肌の表面に皮脂が浮いてきてしまう状態の肌のことです。

インナードライ肌になると何が起こるの?

通常の健康な肌より皮脂が過剰に分泌されているので、

  • ・ベタつき
  • ・テカリ
  • ・ニキビ
  • ・毛穴の黒ずみ
  • ・角栓の詰まり

など、多くの肌トラブルとして肌に現れやすく、ほとんどが脂性肌の人が感じるような皮脂トラブルです。

こんな症状に心当たりはありませんか?

  • ・顔を洗った直後にベタつきを感じる
  • ・朝メイクをしても会社に行く頃にはアブラでドロドロになる
  • ・小鼻に角栓が溜まる
  • ・毛穴が黒ずんで目立つ
  • ・同じ場所に何度もニキビができ、治りにくい

これらは全てインナードライ肌の症状です。
一つでも当てはまる項目がある人は、インナードライ肌を疑ったほうがいいですね。

女性の八割が隠れインナードライ肌

上の項目にあった症状で、当てはまるものが全くないという人はいないのではないでしょうか?
実は、日本の八割もの女性が、インナードライ肌だと言われているのです。

間違ったスキンケアで進行してしまう

インナードライ肌の症状を見てわかるように、症状のほとんどが「脂性肌」のようなものばかりですよね。

  • 「自分は脂性肌だから、さっぱりしたスキンケアをしよう」
  • 「テカるのがいやだからパウダーを多めに塗って皮脂を吸着しよう」

と、ほとんどの人が脂性肌だと勘違いして脂性肌用のスキンケアを始めます。
脂性肌用のスキンケアはさっぱりしていて皮脂を抑えるものが多いので、肌の内部はますます乾燥してしまい、インナードライ肌はさらに進行してしまいます。

どうしてインナードライは皮脂が出るの?

では、どうして肌の内部が乾燥すると皮脂が分泌されるのでしょうか?

これ以上の乾燥から肌を守ろうとしている

インナードライ肌は、肌内部の水分が極端に少なくなっている状態です。
私たちの防御システムは

「これ以上水分がなくなると危険だ」

と判断し、水分の蒸発を防ぐために肌の表面に皮脂を出しているのです。
その皮脂を過剰な洗顔やピーリングで取り除いたり、脂性肌用のスキンケアで皮脂の分泌を抑制したりしてしまうと、さらに内部は乾燥するという悪循環に陥ってしまうのです。

インナードライ肌に必要なのは保水と保湿

いくらベタつくといえど、根本にある乾燥が原因のインナードライ肌。
化粧水でしっかり保水することと、乳液とクリームを使って水分を逃がさないようにすることが一番大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
この記事と同じカテゴリーの記事
インナードライ肌対策ができる化粧品
お肌の手入れに悩む女性
髪の乾燥やベタつきを気にする女性
眠る女性
夏の日差しの下歩く女性
同じカテゴリの記事をもっと見る