facebookピクセル

インナードライ肌と混合肌は別物!しっかり見分けてみよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
インナードライ肌を気にする女性

この記事を読まれている混合肌の方、それはちゃんとお肌を調べてからケアしていますか?
調べてみると実はインナードライ肌かもしれませんよ!
そこで今回はそっくりな上に見分けにくい肌質、「インナードライ肌」「混合肌」についてお話します。

インナードライ肌と混合肌の違いを見てみよう

ではインナードライ肌と混合肌の違いを水分量、油分量(皮脂量)、乾燥する所、テカる所の4点から見てみましょう。

混合肌は2種類以上の肌質が組み合わさっているもの

まずは混合肌からです。

水分量 場所によって異なる
油分量 場所によって異なる
乾燥するところ Uゾーンや頬など
テカるところ 主にTゾーン

混合肌は「部分によってタイプの違う肌」のことを指します。
よく見かけるのが、顔回りのUゾーンは乾燥しているのに鼻や額といったTゾーンは非常にべたついているというタイプで、場所によってメイクの崩れ方が明らかに違うことが多いです。
そのため、水分量と油分量ともに場所によって異なります。

インナードライ肌は極度の乾燥肌

では、インナードライ肌はどのような肌質なのでしょうか。

水分量 少ない
油分量 多い
乾燥するところ 顔全体
テカるところ 主にTゾーン

インナードライ肌は見ての通り「一見脂性肌だけど実は隠れ乾燥肌」を指します。
混合肌と見分けられるポイントとしては水分量が少なく油分量が多いという点ですが、それでもインナードライ肌と混合肌は非常に見分けがつきにくいのです。

理由は混合肌の”顔回りのUゾーンは乾燥しているのに鼻や額といったTゾーンは非常にべたついている”のがインナードライ肌の症状と同じだからです。
そのため大体の方は症状から混合肌であると判断し、テカるところに対して皮脂をひたすら取り除く対策をし、インナードライ肌化がより進行、といったことが起きてしまいます。
そうならないためにもインナードライ肌か混合肌かをしっかり見抜く必要があるのです。
では、どうすれば見抜けるのでしょか。

インナードライ肌と混合肌の見分け方

どの肌質かを見抜く方法には大きく2つの方法があります。

セルフチェック方法はまず”洗顔”でできる

まずは誰でもできる自宅でできる方法です。

やり方

  1. いつも通り洗顔をする
  2. そのまま何もつけずに15~30分ほど放置する
  3. 放置したお肌のツッパリ感、皮脂の分泌量を確認する

セルフチェック表

肌質 お肌のツッパリ感 皮脂の分泌量
インナードライ肌 ある 多い
混合肌 場所によって異なる 場所によって異なる
乾燥肌 ある 少ない
脂性肌 ない 多い

この方法は洗顔後の肌状態を見てどの肌質かが判断できる手軽なものです。
家ですぐできることが何よりのメリットですが、デメリットとして曖昧に出てしまうと判断がしにくい場合があります。
正確にもっと知りたい!という場合は次の方法をやってみましょう!

これは、となったらコスメカウンターで水分量測定を!

次はデパートなど百貨店にあるコスメカウンターで水分量・油分量の数値を測りにいくことです。
近年測定してくれるブランドが増えており、お肌をさまざまな方向から見られる上にいずれも無料で診断してくれるので非常にオススメです。
その中でもオススメのブランドをいくつかご紹介します。

水分量測定できるブランド一覧

総合的に見るならイプサ
所要時間
30分~40分程度

イプサは資生堂系列のメーカーなので、非常に丁寧な測定をしてくれます。
カウンセリングした後、化粧水で両頬のメイクを落としてから独自の測定器「イプサライザー」で測定した後に本来の肌質の「先天的肌質」、生活環境や習慣で蓄積された肌への影響度合いの「後天的肌状態」から17に分類される肌状態が分かります。

シンプルに見たいならカネボウ
所要時間
20分~30分程度

カネボウ系列のコスメカウンターもシンプルかつ非常に丁寧な測定をしてくれます。
カネボウも独自の測定器「ビューティアナライザーADⅡ」を使って皮脂量、水分量、血行・皮膚温度、ハリ・弾力の4点を数値化し、グラフにすることでより分かりやすく肌状態を見せてくれるので、非常にシンプルに数値を知ることができます。

先々の状態まで見るならSK-II
所要時間
30~40分程度

最後は肌診断と言えば、と評されるSK-IIです。
現在のお手入れ法などを答えた後に独自の測定器「マジックリング」で肌写真を撮影し、キメ、ハリ、シワ、シミ・くすみ、ツヤをスコア・年齢といった形で見たうえでトータルスコアと肌年齢平均にし、分かりやすく数値化してくれます。
そして今後シワになる可能性のある部位、肌に潜む潜在的なシミといった将来的なシミュレーションも肌写真から見れます。

以上が水分量・油分量測定をしてくれるオススメのブランドです。
いずれも分かりやすく、アドバイスの内容が非常に勉強になるので肌診断を受けに行くのは非常にオススメです。
ただし測定時間や生活環境などで数値は変動することがあるので、あくまでも目安として数値を見ていくようにしたり、日を変えて再度受けたりと工夫していきましょう。

まとめ

では今回のまとめです。

  • 〇インナードライ肌は「乾燥肌」で混合肌は「部分によってタイプの違う肌」
  • 〇インナードライ肌か混合肌かを見抜くには水分量と油分量の把握が必須
  • 〇セルフチェックは洗顔して何もつけずに15~30分放置した後のお肌の状態で分かる
  • 〇数値にして確認したい場合はコスメカウンターで肌診断を受ける

以上です。
インナードライ肌か混合肌かの判断は非常に難しいですが、見分け方さえ理解すれば怖いものではありません。
この機会にインナードライ肌か混合肌か見分けて、正しい対策を練っていきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
この記事と同じカテゴリーの記事
インナードライ肌対策ができる化粧品
お肌の手入れに悩む女性
髪の乾燥やベタつきを気にする女性
眠る女性
夏の日差しの下歩く女性
同じカテゴリの記事をもっと見る