facebookピクセル

インナードライ肌は化粧品で改善!原因と最適な対策とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
インヴェール

インナードライ肌とは

インナードライ肌とは一言で表すと「乾燥が原因で皮脂が過剰に分泌されやすい肌質」の事を指します。

  • ・Tゾーンを中心に肌表面がテカテカしているのに肌内面にツッパリを感じる
  • ・肌の色がくすんでいる

といった事に心当たりある人はインナードライ肌である可能性が非常に高いです。

インナードライ肌は肌の角質層が深く関わっているものです。
(角質層とは皮膚の一番外側にある部分で、水分を保つ動きと外部から異物や細菌が侵入しないように防ぐ、バリア機能を働かせているところです。 )
角質層の水分が不足してしまうと、肌内面が「肌表面の水分が少ない」と反応してしまい、肌内面から皮脂を送り出し、水分不足になっている角質層の代わりに皮脂で異物や細菌を守るためのバリア機能を果たそうとします。
バリア機能を果たすために出てきた皮脂を脂取り紙や拭き取り化粧水や収れん化粧水など皮脂を取り除く役割のある化粧品、もしくは洗浄力の高いクレンジングや洗顔料を使って何度も洗顔するといった皮脂対策で取り除いてしまうと、更に皮脂の分泌が過剰になり、常に肌内面の水分が失われている状態になっていきます。

つまり皮脂が過剰に分泌されているのに、肌の水分が常に失われ乾燥し続けている状態こそインナードライ肌なのです。

では肌の表面と肌内面の状態が異なるインナードライ肌の対策はどのようにすればいいのか。
やってはいけないインナードライ肌対策を一度確認した上で、正しいインナードライ肌対策を見ていきましょう。

インナードライ肌の対策について

やってはいけないインナードライ肌対策

まず大前提としてインナードライ肌は肌内面が原因で皮脂が過剰に分泌されている状態のお肌です。
無理に皮脂を落としたり、皮脂の分泌を促すようなスキンケアをしていくと、乾燥が更に進行し、皮脂の過剰分泌へと繋がり、改善するどころか刺激に弱い肌である「敏感肌」になってしまうこともあります。
それではどのような化粧品と使ってスキンケアをしてしまうとインナードライ肌になってしまうのでしょうか。

脂性肌(オイリー肌)として皮脂対策をする

皮脂を過剰に取り除く

顔がテカっているとついティッシュや脂取り紙で皮脂を取りたくなってしまいますが、インナードライ肌の人にとっては実は逆効果です。
そもそも乾燥から守ろうと過剰分泌されている皮脂をティッシュや脂取り紙で取り除いてしまうと、再び皮脂が分泌され、肌内面の乾燥が進行してしまいます。

誤ったクレンジング剤、洗顔料を使用した洗顔方法

強いクレンジング剤の使用

次に強いクレンジング剤を使用すると、刺激の強い合成界面活性剤が肌へ刺激してしまい、お肌をダメージから守ろうと肌内面が反応して皮脂の過剰分泌に繋がります。

強い洗顔料でお湯で何度も洗顔する

こちらも強いクレンジング剤と同じで強い洗顔料で強くこするように洗顔したり洗い流す、洗顔回数を増やす事はやめましょう。
また、熱いお湯で洗顔をすると肌内面が水分不足となりバリア機能を低下させ、皮脂を分泌させてしまいます。

乾燥を誘発する対策をする

皮脂を抑える・取り除く化粧水の使用

収れん化粧水には皮脂の分泌を抑える成分が入ってる場合が多く、拭き取り化粧水も汚れや皮脂を取り除く用途と、いずれも肌の負担が大きく、乾燥を誘発させる化粧品なので使用は控えるのが無難です。

化粧品しか付けないスキンケア

次に気を付けたいのが化粧水だけのスキンケアです。
化粧水の役割は水分を与えることでお肌を潤す事です。
勿論化粧水にも保湿成分は含まれていますが、多くの場合70%は水分で出来ています。
したがって保湿成分の割合が少なければお肌の水分量を保ち続けるのも難しくなりますし、保湿力の高い美容液やクリームなど肌の表面と肌内面にある水分を蓋をするものがないといくら化粧水で保湿しても意味がありません。

エアコンの過度に使用する

最後はエアコンの過度な使用です。
エアコンは温度調整が出来ると同時に湿度も下げてしまいます。
したがってエアコンのよく効いた場所に長時間いると季節関係なくお肌が乾燥し、インナードライ肌の原因になってしまうのです。

紫外線対策をしない

紫外線の浴びすぎもお肌の乾燥に繋がる原因です。
紫外線を過度に浴びすぎると、本来紫外線等の有害物質を守るために発生する殺菌効果のある活性酸素がお肌へダメージを与え、活性酸素のダメージから防御しようと皮脂の過剰分泌してしまいます。

正しいインナードライ肌対策とは?

やってはいけないインナードライ肌対策とは、一言で表すと「脂性肌(オイリー肌)として見て無理に皮脂を取り乾燥を促すスキンケア」、つまりやってはいけないインナードライ肌対策と逆の事をすれば自然と正しいインナードライ肌対策となるのです。
つまり正しいインナードライ肌対策とは何か、ずばり「乾燥肌と見て皮脂対策をせずに徹底した保湿に特化したスキンケア」です。

具体的な対策は以下の通りです。

正しいクレンジングと洗顔をする

まずクレンジングと洗顔ですが、共に言えることは優しいクレンジング、洗顔料を使用量通り使い、30~35度程度のぬるま湯で優しく洗う事です。
また、顔を洗う回数を減らす対策として洗顔料やぬるま湯で落とせるファンデーションやポイントメイク用化粧品を使用するのも一つの手です。

保湿を意識した肌に優しい基礎化粧品でスキンケアをする

インナードライ肌は角質層や肌自体が水分不足になっている状態です。
なのでお肌の水分不足を解消するためにお肌に水分を与え、保湿成分でしっかりと水分をお肌に保つ、水分が蒸発しないように蓋をしていく必要があります。
そこで水分不足になったお肌に水分を与える手段にとして、保湿力の高い化粧水で水分を与え、保湿成分が入った美容液で肌の中に水分を保ち、保湿クリームで蓋をするといったイメージでスキンケアをしていくと自然と皮脂を抑えることが可能です。

1年通して紫外線対策をする

紫外線対策もインナードライ肌の対策の中でも重要になります。
夏にどれだけしっかり対策をしても、冬に対策をしないで長時間浴びてしまうと夏に対策した努力が無駄になってしまうので、季節関係なく、長い時間陽に当たる場合は日焼け止めを忘れずに塗るようにしましょう。

インナードライ肌と相性の良いスキンケア化粧品とは

どのようなスキンケアを選べばいいのか

ではインナードライ肌を改善するためにどのような化粧品を使い、スキンケアをすればよいのでしょうか。

クレンジング剤・洗顔料は落としながら保湿出来るものを

まずクレンジングですが、必要な皮脂を落とさないようオイルタイプではなくミルクタイプ、セラムタイプ、クリームタイプ、もしくはアミノ酸系界面活性剤のクレンジングがお勧めです。
洗顔料は肌の成分に近い弱酸性が入っているものを使用し、しっかりと泡立てて、泡で洗うようにすると肌の刺激が減らせます。

洗顔後すぐに化粧水や美容液をつける

次に基礎化粧品ですが、まず洗顔を終えたらすぐに化粧水、もしくは美容液を付ける事を意識しましょう。
クレンジングと洗顔料でどんなに優しく洗顔しても、時間が空いてからスキンケアしても意味がありません。

化粧水・美容液は保湿成分が多いものを

そして化粧水と美容液は保湿力の高いもの、特に美容液は高保湿成分の化粧品を使用することがお勧めです。
特に角質層の水分50%を占めている保湿成分のセラミドは肌の潤いを守るだけではなく肌細胞に結びついてバリア機能を高めてくれる作用があると言われているので積極的に取り入れるようにしましょう。
また、保湿成分はセラミドの他にもヒアルロン酸、アミノ酸、コラーゲンといった成分が入っているとより効果が得られます。

保湿クリームで水分が出ないよう蓋をする

化粧水と美容液で水分と保湿成分を補充し、最後にクリームでお肌に保たれた水分と保湿成分が蒸発しないために蓋をするのですが、クリームも同様に保湿力の高いクリームを使用しましょう。

乳液を保湿クリームの代用として使うのも手

もし皮脂が多くて気になってしまう場合はクリームの代用品として乳液を使うのも一つの手です。
乳液は保湿クリームより軽い質感ですが、お肌に保たれた水分と保湿成分が蒸発しないように蓋をする役割があるので、皮脂のバランスを見てしっかり整えていきましょう。

時短で使えるスキンケア化粧品

インナードライ肌には「時短を意識したスキンケア」も非常に重要です。
(「時短を意識したスキンケア」とは使用時間を短くするのではなく、よりお肌の水分量を上げた状態で保湿効果を得るためにひと手間加えるようにする事です。)

シートマスクの使用した時短スキンケア

近年時短を意識したスキンケアの一例として、近年は洗顔をした後にシートマスクを使用するスキンケアが注目されています。
シートマスクのタイプも様々なものがあり、シートタイプもあればジェルタイプのものもあり、どちらのタイプでも化粧品、美容液、保湿クリームに加えてシートマスクを使用すれば、よりお肌の中に水分量が含まれた状態で保湿する事が出来ます。

しかし中にはインナードライ肌が進行しすぎて、シートマスクに染み込まれている化粧水や美容液、シート本体が合わない場合、もしくはあまりにもお肌が乾燥しすぎて基礎化粧品自体がお肌に染みてしまうという場合もあると思います。
インナードライ肌が進行しているタイプの方はお肌への負担を下げるために基礎化粧品の使用ステップを少なくする必要があります。

オールインワンタイプの化粧品で肌負担を減らしながら時短スキンケア

基礎化粧品の使用ステップを少なくする対策として、肌への負担が少ない低刺激のオールインワンタイプの化粧品を使用する事が挙げられます。
オールインワンタイプの化粧品にはクリームタイプや美容液タイプ、ジェルタイプと様々なものがあり、非常にお手軽にスキンケアをする事が出来るのでオススメです。

インヴェールクリームを使った時短スキンケア

オールインワン化粧品で保湿するとベタつきが気になってしまう方や夜眠る前はさらっとしたお肌でいたい方は、さっぱりタイプの保湿クリーム、inveil cream(インヴェール クリーム)がお勧めです。

インヴェールクリームとは

インヴェールクリームはインナードライ肌を解決するための成分が多く配合されていて、さっぱりとした使用感を実現させたオールインワンクリームです。
どのような成分が配合されているのかは下記の通りです。

インヴェールクリームに含まれる成分
①皮脂吸着成分

まずインナードライ肌の一番厄介な部分であるテカリをケアするための皮脂吸着成分ですが、インヴェールクリームには「アロフェン」が配合されています。
インヴェールクリームのアロフェンは、保湿成分を含んだ独自製法なので吸着と同時に肌に潤いをしっかり与えてくれます。

②ナノ化ヒト型セラミド

インナードライ肌のすべての原因と言ってもいい肌内面の乾燥をケアするために必要なセラミドも勿論インヴェールクリームに配合されています。
インヴェールクリームに配合されているセラミドは特に保湿力が高く、肌の角質層との親和性が高く、且つ刺激が少ないヒト型セラミド3種類をナノ化したものなので、より肌に水分を与え保湿していきます。

③天然由来整肌成分

インナードライ肌は皮脂、乾燥両方の影響で肌荒れが続いたりニキビが出来る状態が続きます。
そこでインヴェールクリームはオウバクエキス・ハトムギ種子エキス・アーチチョーク葉エキスと3種類の天然由来成分を配合し、肌荒れやニキビを優しくケア出来るようにしました。

④無添加にこだわった国内生産

この皮脂吸着成分、ナノ化ヒト型セラミド、天然由来整肌成分をすべて含んでいるのに加え、インヴェールクリームは更に鉱物油、石油系界面活性剤、パラベン、エタノール、合成香料、合成着色料を一切しない無添加のオールインワンクリームです。
また、特に敏感な状態になっているインナードライ肌の方が使われる化粧品だからこそ、品質にも非常に拘っています。
お肌に直接つけるものだからこそインヴェールのスキンケア商品はすべて国内生産で、製造工場もGMP基準(医薬品等の品質管理基準)で管理され、クリーンルームでは微細な浮遊粒子や浮遊微生物の数値もチェックといった安心・信頼を最優先した品質管理を行っています。

インヴェールクリームの購入について

そしてこのインヴェールクリームの価格ですが、こちらになります。

販売会社 シークレットビューティー.LLC
内容量 40g(約1か月分)
価格 7,200円(税抜) (通常購入)
※通常購入よりお買い得な定期購入コースがあり、初回特別価格4,380円(税抜)でご提供しております。

インヴェールクリームの価格は基礎化粧品のトータルの価格と比較するとあまり差が無く、チャレンジしやすい価格です。
また、定期購入コースで購入すると通常購入の価格よりお安くお求め頂けます。

まとめ

それでは最後にインナードライ肌とはどのようなものか、インナードライ肌に効果のある化粧品とは、というまとめです。

  • ・インナードライ肌とは肌表面の乾燥によって皮脂が過剰分泌し、肌内面の水分が常に失われている状態のお肌
  • ・皮脂を取り乾燥を促すスキンケアをするとインナードライ肌が悪化するので、皮脂対策をせず徹底した保湿に特化したスキンケアをする
  • ・クレンジングと洗顔は使用量通りぬるま湯で優しく洗う
  • ・インナードライ肌のスキンケアは保湿力の高い化粧水、保湿成分が入った美容液で肌内面の水分を保ち、保湿クリームで水分が蒸発しないように蓋をする
  • ・時短で取り入れられるシートマスクなどを普段のスキンケアに導入するとより保湿効果が得られる
  • ・インナードライ肌が悪化した時肌負担を減らすためにもオールインワンタイプの化粧品やインヴェールクリームを取り入れると良い

以上が今回のまとめとなります。
インナードライ肌は乾燥肌、という認識を忘れずに保湿に特化したスキンケアをしていくと改善されていきます。
日々お肌と向き合い、うまくスキンケアをしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
この記事と同じカテゴリーの記事
インナードライ肌対策ができる化粧品
お肌の手入れに悩む女性
髪の乾燥やベタつきを気にする女性
眠る女性
夏の日差しの下歩く女性
同じカテゴリの記事をもっと見る