facebookピクセル

インナードライ肌には蒸しタオルでも!対策法を見てみよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

インナードライ肌対策としてホームケア美容機器に手を出したいけどなかなか手を出せない!となっていたりしませんか?
実はそんな人でもホームケアとして使える対策として「蒸しタオル」が効果的なんです。
そこで今回は「インナードライ肌」「蒸しタオル」についてお話していきます。

インナードライ肌に蒸しタオルが良い理由とは?

それではまずインナードライ肌になる理由を見直してみましょう。
まず生活習慣や気候、乾燥によってお肌のターンオーバーが乱れて肌表面の乾燥が起きます。肌表面の乾燥を補うために皮膚内面から皮脂の過剰分泌が起き、肌表面はテカっているけのに
肌内面は乾燥している状態になるのがインナードライ肌の仕組みです。
そして乾燥と同時に隠れて起きているのが血行不良です。
血行不良が起きてしまうと代謝が低下し、保水力や弾力が低下したお肌しか形成されなくなり、乾燥しやすいお肌になります。
したがって、インナードライ肌を改善するためには水分を補充することと同時に血行を良くすることが大切なポイントです。
では、このポイントを踏まえたうえで蒸しタオルを取り入れると良い理由は何かをお話します。

家にあるタオルでお手軽にできる

まず取り入れるのに良い理由は蒸しタオルは何といってもいつでもできるお手軽さです。
蒸しタオルは家にタオルさえあればコスト0円で自宅で簡単にできて非常に取り入れやすい対策法です。
そこで作り方を見てみましょう。

蒸しタオルのつくり方

  1. タオルをおしぼりのような形にし、水でぬらした後に軽く絞る
  2. 500Wで1分ほど温める
  3. やけどに注意しつつ取り出す
  4. 顔に優しくのせる

※電子レンジがない場合でも45~50度のお湯に浸して絞るだけで蒸しタオルの準備できます。
蒸しタオルの作り方を見て、お手軽さがお分かりいただけたでしょうか。
家にあるタオルを使ってこの手順を踏めば誰でもチャレンジできるのです。

さまざまな美容効果がある

次に蒸しタオルが良い理由として、さまざまな美容効果がある点が挙げられます。
得られる美容効果は下記の通りです。

美白効果
古い角質や血行不良を改善することでお肌の血行が良くなり血色が良くなります
青クマの改善
疲れ目や睡眠不足による血行不良でできる青クマも血行改善により薄くすることができます。
鼻の黒ずみ解消
蒸しタオルをすることで鼻の毛穴を自然に開くことができ、クレンジングで優しく皮脂を落とすことができます。
顔のむくみ
起床時の顔やまぶたのむくみも血行不良が原因のことが多く、蒸しタオルで血行を良くすることでむくみが取れやすくなります。

体の不調にも使える

そして蒸しタオルを取り入れることで、体の不調を改善することにもつなげられます。
改善される点の代表例は下記の通りです。

疲れ目の改善
パソコンやスマートフォンの使用によって起きるドライアイや眼精疲労の改善として蒸しタオルは効果的です。
肩や首のコリ、頭痛の軽減
血行不良で起きる肩や首のコリや筋緊張性による頭痛も肩全体、首や肩に蒸しタオルを当てることで改善できます。

以上3点がインナードライ肌の方にとって蒸しタオルを取り入れると良い理由です。
しかし蒸しタオルは誤った取り入れ方をしてしまうとより乾燥してしまい、かえって逆効果になります。
そこで次に蒸しタオルを取り入れるにあたって注意しなけらばならないポイントをお教えします。

蒸しタオルを取り入れるときはここに注意しよう!

蒸しタオルを取り入れる際に注意しなければならない点は以下の3点です。

タオルを熱くしすぎない

まず蒸しタオルをする時はタオルを熱くしすぎないことが大切です。
タオルが熱いまま顔にのせてしまうと、やけどしてしまうことがあります。
また、長時間蒸しタオルを顔にのせていると、肌表面の乾燥が進み、かえってインナードライ肌化が進行してしまいます。
なので蒸しタオルを取り入れる際は人肌程度にし、心地よくリラックスできる温度にしましょう

蒸しタオル後は擦らずすぐ保湿をする

次に注意しなければならない点は擦らずにすぐ保湿することです。
蒸しタオルをした後のお肌は角質が非常にやわらかい状態となっており、少しの刺激でもダメージを受けやすくなっています。
そのため、蒸しタオルを行った後はすぐに化粧水や保湿クリームで保湿し、お肌全体に美容成分や保湿成分を行き渡らせましょう。

インナードライ肌対策する時は肌の調子を見て決める

そしてインナードライ肌の方が蒸しタオルをする時はお肌の調子を必ず確認したうえで行いましょう。
インナードライ肌は非常に敏感な状態となっており、蒸しタオルを取り入れてしまうとお肌が
突然の変化に驚いてかえって悪化してしまうことがあります。
悪化を避けるために毎日ではなく週に1~2回行う程度に留め、一度試したらお肌の様子を見て続けられるかを決めていきましょう。
以上が注意しなければならない点です。
それでは次にどのタイミングで取り入れると効果を得られるかをお話していきます!

インナードライ肌にオススメの蒸しタオル対策法

インナードライ肌の方向けの蒸しタオル対策法はさまざまなタイミングがあります。
今回は特に取り入れやすいタイミングをご紹介します。

洗顔前にのせる

まずは洗顔前に蒸しタオルを取り入れることです。
夜クレンジングでメイクを落とした後に30秒から1分ほど蒸しタオルをのせると、毛穴が程よく開き汚れを効率よく落とすことができます。

朝の洗顔代わりに汚れを落とす

次は朝の洗顔代わりとして蒸しタオルを取り入れることです。
眠っている間にたまった皮脂や汚れを蒸しタオルで優しく取り除くことで、スキンケアでより保湿効果が得られます。
また、化粧水をつけることで毛穴を引き締め、皮脂が入りにくくする効果もあります。

むくみや肌荒れが出た時に血行促進させる

最後は顔や目がむくんだ時やお肌のターンオーバーが乱れてくすみができた時に血行促進として蒸しタオルをのせることです。
血行を良くすることでむくみや皮脂が過剰分泌しやすいお肌の応急処置として行えます。

まとめ

それでは今回のまとめです。

  • 〇インナードライ肌の理由である血行不良の改善で蒸しタオルを取り入れると効果的である
  • 〇タオルさえあればできる上に美容効果が得られたり体の不調改善につなげられる
  • 〇タオルを熱くし過ぎず、蒸しタオル後は擦らずすぐ保湿し、週1~2回のスペシャルケアとして取り入れる
  • 〇洗顔前や朝の洗顔の代用、血行促進として取り入れるのがオススメ

以上です。
蒸しタオルをうまく取り入れて、インナードライ肌を改善していきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
この記事と同じカテゴリーの記事
インナードライ肌対策ができる化粧品
お肌の手入れに悩む女性
髪の乾燥やベタつきを気にする女性
眠る女性
夏の日差しの下歩く女性
同じカテゴリの記事をもっと見る