facebookピクセル

インヴェールの成分を徹底的に調べてみました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
インヴェールクリーム

インヴェールはインナードライ肌専用の保湿クリームということで、2017年の2月に発売されたばかりの化粧品ですが、
実際この「インヴェールクリーム」には、どんな成分が入っているのか気になったので調べてみました。

オールインワン化粧品並に充実していた?インヴェールクリームの成分を紹介

①ナノ化ヒト型セラミドを3種類配合

保湿成分には、有名なものだとヒアルロン酸やコラーゲンがありますが、セラミドは中でもインナードライ肌には必須の成分です。

セラミドの働き

本来セラミドは私たちの肌の中にある成分なのですが、加齢とともに減っていくものでもあります。
セラミドは、肌の内部で水分を蓄えてくれる役割をしており、セラミドがない肌にいくら化粧水で保水をしても水分が抜けていってしまうので意味がないのです。なので、保湿をしようと思ったらまずは減ってしまったセラミドを補給することが必要です。

セラミドの効果

セラミドを補うことで、肌にはいくつもの効果がもたらされます。

  • ・肌バリアの機能向上
  • ・皮膚の細胞の再生を促進
  • ・アトピー性皮膚炎を改善
  • ・抗酸化作用
  • ・肌荒れ改善

健やかで美しい肌を作るのには欠かせない成分、それがセラミドなのです。

ヒト型セラミドは

セラミドにもいくつか種類があり、「合成セラミド」「天然セラミド」などと比較するとこの「ヒト型セラミド」は人間の肌への親和性が最も高く、体内の角質細胞間脂質に元から存在しているセラミドとほぼ同等の化学構造を持っているものです。
なので肌に馴染みやすく、働いてくれやすいセラミドというわけですね。

②保湿成分の入ったアロフェンを配合

インヴェールのクリームには、保湿成分の配合されているアロフェンが使われているようです。

アロフェンとは?

過剰分泌された皮脂のみを選択して吸着することでテカリやベタつきを抑えてくれる成分だそうです。

アロフェンが含まれる保湿成分「幻」の白びわ葉エキスとは?
静岡県土肥地方だけで栽培されている白びわ葉のエキスのことです。
この幻のびわですが、通常のびわよりも強い保湿能力、皮脂抑制作用を持っているということで、まさにインナードライ肌にとっては救世主のような植物なんです。

保湿しながら余計な皮脂は吸着する効果に期待できる

インヴェールクリームには、皮脂吸着成分のアロフェンに、保湿成分の幻の白びわエキスが配合されているので「余計な皮脂は吸着しつつ保湿もしてくれる」というインヴェール独自のアロフェンが配合されているというわけです。

③3つの肌荒れ改善成分配合

肌荒れを防ぐ黄柏エキス

キハダという木の皮から抽出された肌に優しい植物由来のケア成分です。

肌を引き締めて整えるアーチチョーク葉エキス

アーチチョークの葉の部分に含まれる苦味成分「シナロピクリン」が、肌に悪影響を及ぼすタンパク質に働きかけて肌を引き締め、なめらかな肌へ整えてくれます。

肌荒れと保湿を同時に叶えるハトムギ種子エキス

各社から販売荒れているハトムギ美容液などでおなじみの、ハトムギの種子から抽出したビタミンエキスです。
肌の保湿や、シミ・ソバカスを防ぐ美白効果も期待されている成分です。

まとめ

一つのクリームにこんなに多くの美容成分が入っているだなんてとても贅沢ですよね。
もしかして化粧品をラインづかいするよりお得なのでは・・・?インヴェールクリームはこちらこちらから購入ができますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
この記事と同じカテゴリーの記事
インナードライ肌対策ができる化粧品
お肌の手入れに悩む女性
髪の乾燥やベタつきを気にする女性
眠る女性
夏の日差しの下歩く女性
同じカテゴリの記事をもっと見る