facebookピクセル

インナードライ肌のテカリはひとまず応急処置でおさえよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
お肌の手入れに悩む女性

インナードライ肌となって苦労していることはなんですか?
乾燥以上にメイク崩れなどの原因になっている「テカリ」というお方が多いのではないでしょうか。
実はそのテカリ、スキンケアを変えていく途中でも応急処置できるものなんです!
そこで今回は「インナードライ肌」「テカリ」についてお話していきます。


インナードライ肌のテカリの原因は間違ったスキンケア

インナードライ肌のテカリの原因は大元は乾燥ですが、乾燥してしまう理由はさまざまなものがあります。
その理由の一つとしてあるのが間違ったスキンケアです。
本来なら乾燥のために保湿をしなければならないのに、脂性肌と勘違いしてひたすら皮脂を取るケアをし続けてしまったりすると、肌表面から水分がなくなって常に乾燥した状態となります。
肌表面を潤そうとして皮脂が過剰分泌し、それがテカリとなるのです。

理由が分かれば早く治したいとなると思いますが、実はすぐには改善できるものではないのです。
ではなぜすぐ改善につなげることができないのでしょうか。

自分に合うスキンケア対策が見つかるまでテカリは出てしまう

すぐに改善できない理由はスキンケアの効果が出るまでの期間にあります。
スキンケアは効果が出るまで最低1カ月はかかると言われています。
仮にインナードライ肌対策としてスキンケアを変えたとしても、効果が出て改善されるまでお肌状態はテカりやすい状態が続くのです。
そのため、インナードライ肌改善のためにスキンケアを変え、効果が出るまでの間は少しでもテカリを減らすために応急処置をする必要が生じます。
では、応急処置になるインナードライ肌のテカリ対策とは何があるのでしょうか。

応急処置としてできるインナードライ肌のテカリ対策

インナードライ肌のテカリ応急処置でできることとは、今持っている化粧品にプラスαのアイテムを加えることです。
まず下手にすべて買い替えてしまうと、コストパフォーマンスがかかってしまいます。
また、プラスαすることでお肌に合わなかった時のトラブルも最低限にできますし、1品加えるだけでも改善されることがあるので、こちらの方法が非常にオススメです。
では、プラスαのアイテムを取り入れるとするならどの部分が良いでしょうか。

プラスアルファするならメイクアップ化粧品がオススメ

テカリ応急処置として一点加えるのはメイクアップ化粧品に1点加えることがオススメです。
理由としては

  1. スキンケアよりローコストで済ませられる点
  2. 日常的にテカリで困る時間帯はメイクをしている時が多い

以上2点が挙げられます。
メイクアップ化粧品でテカリの応急処置をしながら、スキンケアはサンプルをもらって合うものを探すといったスタイルが理想といえるでしょう。

では、どのような化粧品をプラスすれば良いのでしょうか。
対策方法と共にプラスする化粧品をご紹介していきたいと思います。

メイク下地を各パーツの肌質に合わせて選ぶ

化粧品
化粧下地

まずはメイク下地を各パーツの肌質に合わせて選ぶことです。
スキンケア後、下地を使い分けていくことでメイク崩れを防ぎやすくなります。
使い分け方は下記がオススメです。

下地の使い分け方

場所(症状) 下地のタイプ
Tゾーン:額から鼻
(テカりやすい)
皮脂をおさえられるさらさらとしたタイプ
Uゾーン:顎から両ほほ
(乾燥しやすい)
油分を含むしっとりとしたタイプ

以上のような使い分け方をするときに注意することはたっぷりと塗り過ぎないことです。
化粧下地は指の腹を使って優しくたたき込むとより効果が出るので、塗り方も意識して取り入れてみましょう。

メイク直しの時は保湿をしてから行う

化粧品
ミスト状化粧水、化粧の上からつけられる乳液、保湿クリーム

次はメイク直しの時は保湿をしてから行うことです。
保湿をしてからメイクを直すことで、乾燥していたお肌に水分を与えることができ、さらに皮脂の過剰分泌を防ぐことができます。
メイクを直す時はティッシュなどの皮脂を優しく取り除けるアイテムで油分を取り除き、
ミスト状化粧水やメイクをした上から塗れる乳液や保湿クリームを塗ってからメイク直しをするようにしましょう。

紫外線ケアをしっかり行う

化粧品
日焼け止め

最後は紫外線ケアをしっかり行うことです。
紫外線ケアを行うことで、紫外線による肌内面の水分蒸発を防ぐことができます。
インナードライ肌にとって紫外線も乾燥の理由となるものです。
紫外線(UV)効果が配合されている化粧下地を使うのも、日焼け止めを塗ってから化粧下地を使う、といった対策どちらでもかまわないので、季節関係なく紫外線対策を行いましょう。

まとめ

それでは今回のまとめです。

  • 〇インナードライ肌のテカリの大きな原因は間違ったスキンケアによるもの
  • 〇スキンケアの効果は約1カ月後に出るので、その間出てくるテカリは応急処置をする必要がある
  • 〇インナードライ肌のテカリ応急処置は今持っているメイクアップ化粧品にプラスアルファのアイテムを加えることである。
  • 〇プラスアルファするアイテムでオススメなものは化粧下地ミスト状化粧水化粧しててもつけられる乳液や保湿クリーム日焼け止めである

以上です。
テカリは応急処置で対処しながら、インナードライ肌を少しずつ改善していきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
この記事と同じカテゴリーの記事
インナードライ肌対策ができる化粧品
髪の乾燥やベタつきを気にする女性
眠る女性
夏の日差しの下歩く女性
同じカテゴリの記事をもっと見る