facebookピクセル

インナードライ肌は夏が本番!季節を意識して対策しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
夏の日差しの下歩く女性

インナードライ肌の悪化につながるきっかけができる時期って「夏」であることをご存じでしょうか?
そんな夏にインナードライ肌の対策を練らないとお肌が大変なことになってしまうかもしれません!
そこで今回は「インナードライ肌」「夏」をテーマにお話していきます。

インナードライ肌の本番が”夏”である理由とは

インナードライ肌の本番が夏である理由は3点あります。

紫外線量が多い

まずは夏と言えばともいえる紫外線量が多いことです。
夏は一年を通して一番紫外線が多く、水辺のレジャーも多くなる季節です。
そのため他の季節に比べて紫外線を浴びる機会が増加の傾向にあり、日焼け止めを塗っていてもダメージを受けてしまうことがあります。

肌ストレスがかかりやすい環境にある

次は肌ストレスがかかりやすい環境であることです。
夏は先ほど話題に挙げた紫外線のほかに室内のエアコンに当たり過ぎたり、室内外の温度差、ストレスなどお肌にダメージを与える要素が他の季節より多くなります。
そして意外な落とし穴なのがです。
一見潤うから放置していることもありますが、汗がお肌に入ると角質細胞が膨らみ、汗が引くときに潤いを奪ってしまうので、外的刺激を受けやすくなります。
そのため、汗もまた肌ストレスがかかりやすい原因となっているのです。

春からのお肌ダメージを引きずっている

最後は春からのお肌ダメージを引きずっていることです。
春は何もなさそうな季節に見えますが、実は冬の乾燥+夏の紫外線の高さを兼ね備えている季節です。
そのため、春だからと言って保湿や日焼け止めを怠ってしまうと春の段階から乾燥が悪化した状態となってしまいます。
なので、そのまま夏を迎えてしまうとダメージがより進行しやすくなってしまうのです。

以上を見ての通り、夏は乾燥しやすい原因となる要素が非常に多いの時期であることが分かったでしょうか。
そのため、放置すると実はインナードライ肌が進行しやすいとも言えます。
では、夏にインナードライ肌対策をしないとどうなってしまうのでしょうか。

夏にインナードライ肌対策をしないとどうなる?

先ほどお話した通り、夏はインナードライ肌対策をしないことは乾燥が進んでいくことを意味します。
なので、インナードライ肌対策をしないと乾燥によってさまざまな症状が出てきます。
主な症状がこの2点です。

シワ・たるみが増えていく

まずはシワ・たるみが増えていくことです。
お肌の乾燥によりお肌の水分と肌内面にあった保湿成分と抵抗力が低下します。
そしてターンオーバーが乱れ、お肌の張りが失われていくとシワとたるみとなっていくのです。

ニキビを作り、毛穴を目立たせる

そしてニキビが増え、毛穴が目立つようになるのも症状に挙げられます。
お肌の乾燥が進行すると、ターンオーバーが乱れ、バリア機能が低下します。
すると古い角質がたまり、乾燥を防ごうと分泌された皮脂が毛穴をふさぎます。
まずこの時点で毛穴が詰まって目立ちますが、ここから更に詰まった毛穴が化膿するとニキビとなっていきます。

インナードライ肌が進行してしまうと、以上2点の症状が主に出てしまいます。
では、症状が出ないようにするためにはどうしたら良いでしょうか。

インナードライ肌が夏にやるべき対策

インナードライ肌が夏にやるべき対策とは何か、それは下記4点です。

昼夜問わず保湿し、保水能力をあげる

まずは徹底した保湿対策をしてお肌の保水能力をしっかり保つことです。
日々のスキンケアではセラミドなど保湿性の高い美容成分が多く含まれている化粧水で保湿をし、美容液や保湿クリームでしっかりと蓋をします。
また、外出時もミストタイプの化粧水や、メイクの上からも使える乳液や美容液を使って保湿していきましょう。
メイク直しはもちろん、トイレに行くたびに持ち歩いてこまめに保湿するとより水分補給ができ、インナードライ肌対策になります。
昼夜問わずできるだけ保湿する機会を作り、徹底的に保水能力を保ちましょう。

洗顔方法は優しくダメージを与えないようにする

次は洗顔方法を優しいものに変更していくことです。
夏のスキンケアでよくやってしまいがちなのが洗浄力の強い洗顔フォームにし、脂が浮いてくるといってしょっちゅう洗顔をしてしまうことです。
いずれもお肌にダメージを与えてしまい、かえって乾燥とインナードライ肌化が進行してしまいます。
洗顔は1日に2回までとし、優しい洗顔料でお肌を労わるように洗顔をしましょう。

皮脂を取り過ぎず抑える程度にする

次は皮脂を取り過ぎず抑える程度にすることです
脂取り紙を使って皮脂を取り過ぎるとかえって肌表面の乾燥が進み、肌内面から余分な皮脂が分泌されてお肌全体の乾燥につながります。
なので皮脂を取るときは余分なところをティッシュなどで軽く抑える程度にし、お肌に必要な皮脂を残すようにしましょう。

紫外線対策をしっかり行う

最後は紫外線対策をしっかり行うことです。
紫外線はお肌にダメージを与えるだけでなく、お肌の乾燥を、シミとシワの原因といっても過言ではありません。
特に紫外線が強い夏はしっかりと紫外線対策として日焼け止めを塗りましょう。

まとめ

それでは、今回のまとめです。

    • 〇夏は春からのダメージを引きずっており、紫外線と肌ストレスが多くなるため、非常に乾燥しやすい時期である
    • 〇特に落とし穴なのが汗を拭かずにそのままいることで、拭かないと汗が蒸発すると同時にお肌の中の水分もともに蒸発してしまう
    • 〇乾燥対策をしないと、インナードライ肌の症状であるシワやたるみが増える、ニキビが増える、毛穴も目立つようになってしまう
    • 〇夏にできるインナードライ肌対策は昼夜問わず保湿をする、洗顔は優しくダメージを与えないようにする、皮脂を取り過ぎず程よく残す、紫外線対策をしっかり行うこと

以上です。
夏にしっかりインナードライ肌対策をし、乾燥に備えていきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
この記事と同じカテゴリーの記事
インナードライ肌対策ができる化粧品
お肌の手入れに悩む女性
髪の乾燥やベタつきを気にする女性
眠る女性
同じカテゴリの記事をもっと見る