facebookピクセル

インナードライ肌だからこそ日焼けに気を使おう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
日焼けをする人

日焼けをしてしまった時、もしくはその後にお肌がテカっているのに肌内面がカラカラになったことはありませんか?
それは日焼けによってインナードライ肌が進んでしまっているからかもしれません!
そこで今回はインナードライ肌と日焼けをテーマにお話していこうかと思います。

インナードライ肌と日焼けの関係とは

日焼けは紫外線によって起きてしまうもの

日焼けとは太陽から出ている紫外線を浴びることで肌表面(角質層)がやけどしている状態を指します。
そしてダメージを受けたお肌は新しくしようと肌内面で一番下にある基底層から段階をふんで角質層に上がっていくことをターンオーバーと言います。
夏によく見る日焼けした後に皮がむけていることがありますよね、それこそターンオーバーが正常に行われている状態なんです。

紫外線にも種類がある

日焼けに関わる紫外線は2種類あります。

紫外線A波(UVA)

届く場所 肌内面
紫外線の割合 約9割
症状 しわ、たるみなど光老化

紫外線B波(UVB)

届く場所 肌外面
紫外線の割合 約1割
症状 しみ、ソバカスややけど等の炎症他

紫外線は種類、季節を問わず長く浴びすぎると肌ダメージを与え、日焼けを起こしてしまうので注意が必要です。
では次に日焼けがインナードライ肌にどのような影響を与えるかを見てみましょう。

日焼けもインナードライ肌になる原因!

まずインナードライ肌は「肌表面の乾燥が原因で皮脂の過剰分泌や肌内面の乾燥、肌荒れを起こす」ことを前提に、インナードライ肌視点で日焼けを見てみましょう。

肌表面の乾燥

紫外線を浴びすぎて日焼けをすると肌表面の乾燥が起き、必要な皮脂を出してくれるバリア機能もどんどん低下していきます。

皮脂の過剰分泌

バリア機能の低下に伴い皮脂が少なく乾燥した肌表面を潤そうと肌内面が皮脂を過剰分泌します。

肌荒れを起こす

乾燥した肌内面に紫外線ダメージがくると、ターンオーバーが乱れてしまうことでバリア機能が低下したままの新しいお肌が表面に早く出てきます。
そして過剰分泌した皮脂と古い角質が残ったままのものが原因で肌荒れが起きます。

こうしてみると日焼けがインナードライ肌の原因になっているということがお分かりいただけたでしょうか。
インナードライ肌改善には日々の日焼け対策も必要なのです。

しかし季節によって紫外線量や気候が異なるため、対策も季節ごとに対応する必要があります。
そこで今回は季節ごとのインナードライ肌の日焼け対策をお教えします。

季節ごとのインナードライ肌の日焼け対策とは

インナードライ肌の方は乾燥や水分量の変化に非常に敏感な肌質です。
さらに季節によって紫外線量や湿度が異なるので、肌の状態と共に考えながら対策をしていく必要があります。
今回は季節毎でインナードライ肌の日焼け対策をお教えします!

春こそ日焼け止めを忘れずに塗ろう

実は一年を通して紫外線量が高い時期なのが春です。
3~4月にかけて増え始め、5月には夏とほぼ変わらない紫外線量なので、春でも日焼け止めを必ず塗りましょう。
また、春は紫外線量の他に花粉などのアレルギーでも敏感になりやすい時期なので、優しい洗顔、クレンジングをした後に保湿、と優しくケアしていくのもポイントです。

夏は美白ケアで日焼けを防いでいこう

夏は紫外線量が最も高い時期なので、徹底した日焼け・保湿対策が必要です。
暑さで汗が出たり、水辺のレジャーが増える時期でもありますので、日焼け止めもしっかりした効果が出て、お湯で落とせるタイプを使ったうえで保湿も徹底的に行いましょう。
外出時に日焼けをしそうだと前もって分かっているときは、前日に美白ケアをすることで紫外線の影響を受けにくくなりますので非常におススメです。

秋は日焼けのダメージのケアを

秋は夏の紫外線ダメージで弱っているところに湿度の低下が加わり、乾燥がより進み、お肌のターンオーバーが乱れやすいです。
そのためお肌の表面に角質が蓄積しやくなっているので、古い角質を取り、乾燥を防ぐために角質をしっかり保湿することがポイントです。
そしてこの時期でもまだ紫外線が強い日があるので、行楽などの外出時には日焼け止めを塗りましょう。

冬は日焼けと保湿ケアで春の準備を

冬は日差しが弱くても紫外線が弱まることはないので、日焼け止め入りの美容液などで対策しつつ、乾燥しやすいため徹底した保湿ケアをし、紫外線量が増え始める春に備えるのも忘れずにしましょう。
そして落とし穴なのがスキーなどの冬のレジャー関係の雪です。
雪面の紫外線反射によって日焼けしてしまうこともあるので、日焼け止めを必ず塗り忘れないようにしましょう。

以上のように、季節を問わず「日焼け止めを塗る」「保湿をする」がインナードライ肌の日焼け対策の基本です。
日焼け対策の基本に何かプラスを加えたりすることで改善につながるので、少しずつ取り入れていきましょう。

まとめ

それでは今回のまとめがこちらです。

  • 〇日焼けは季節を問わず紫外線を長く浴びすぎることで肌がやけどした状態を指す
  • 〇紫外線の種類によって肌のダメージの場所が変わる
  • 〇日焼けによってインナードライ肌悪化につながる
  • 〇日焼け対策の基本は「日焼け止めを塗る」・「保湿」だが、季節ごとに対応を変える必要がある

以上です。
日焼けによるインナードライ肌悪化は日焼けのメカニズムと対策法を知れば決して怖いものではありません。
日々日焼け対策を行い、インナードライ肌改善の第一歩を踏み出しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
この記事と同じカテゴリーの記事
インナードライ肌対策ができる化粧品
お肌の手入れに悩む女性
髪の乾燥やベタつきを気にする女性
眠る女性
夏の日差しの下歩く女性
同じカテゴリの記事をもっと見る