facebookピクセル

テカリとサヨナラ!インナードライ肌のメイク術とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

朝きれいにお化粧しても、いつの間にかTゾーンに脂が浮いていてベタベタする…。そもそもお化粧前のスキンケアを終えた時点で皮脂が出て顔中ベタベタになっている…。そんな経験ありませんか?

その症状ってもしかするとインナードライかもしれません。

インナードライ肌って?

インナードライとは肌の表面は皮脂が浮いてベタベタしているのに、肌内部は乾燥している状態であり、内部の乾燥が原因で皮脂の分泌が増え、表面にあぶらが浮いてしまっている状態です。

正確な数字はわかりませんが、
およそ女性の8割がこのインナードライ肌に悩まされていると言っても過言ではありません。

詳しいインナードライ肌に関しての原因についてはこちらから。

インナードライ肌のための1日長持ちメイク術をご紹介

①お化粧前のスキンケア

顔を洗っていきなりファンデーションを塗り始める…といった方もいらっしゃるかもしれませんが、メイクの持ちはメイク前のスキンケアで決まると言っても過言ではありません。何事も土台が必要です。

まず、洗顔です。インナードライ肌にとって肌に刺激を加えることは小さい子リスを銃で撃ち抜くようなことで、かなり良くないとされています。スクラブ入りで爽快感のある洗顔料なんてもってのほか。朝の洗顔はぬるま湯か水でおこないます。洗顔フォームなどは使わなくても構いません。お水で表面の汚れや埃は十分落ちますし、肌に必要な皮脂を落としすぎることもありません。

スキンケアの手順
  1. 顔を洗ったら、清潔なタオルで擦らず優しく水気をとります。
  2. 次に化粧水でお肌に水分を入れ込みます。大事な保湿の時間です。

上で簡単に書きましたが、インナードライ肌の原因は肌の内部の乾燥によるものです。つまり、水分が足りていない・保湿がされていないのです。インナードライの肌は、表面はあぶらでしっとりテカテカしているので、さっぱりしたタイプのスキンケアをしている方が多いのですが、これが大きな間違いなのです。本当は肌の内部は乾燥しているので、たっぷりと保湿をしてあげなければなりません。顔表面の皮脂をスッキリ取り除く拭き取りタイプの化粧水などもありますが、皮脂を無理やり取り除いてはいけません。
「肌表面の乾燥」を補整しようと体が判断し、皮脂分泌が過剰になるばかりです。

選ぶべきスキンケア化粧水

  • 肌に潤いを与える保湿成分が配合されている
  • 肌馴染みの良いもの

この二つの特徴が自分にあった化粧水を見つけるための大事なポイントです。

保湿成分は、肌に入り込んだ水分を、その名の通り保ってくれる成分で、セラミド、ヒアルロン酸、エラスチン、コラーゲン、アミノ酸などがあります。どれも「水分を保つ」成分ですが、それぞれ働き方が違ってくるのでお肌に合った化粧水を見つけることが大切です。

効果的な化粧水のつけ方

手のひらに適量取り、お肌に優しくハンドプレスしていきましょう。手のひらの熱で化粧水の成分が浸透しやすくなります。
肌がしっとりひんやりして来るまでこれをくりかえします。

乳液とクリームで油分の補給をしよう

たっぷり水分を入れ込んだ後は、乳液を化粧水と同じくハンドプレスし、仕上げにクリームの適度な油分で蓋をしてあげると、水分を閉じ込めることができます。

この時に注意すべきこと

この後はいよいよ化粧下地なのですが、10分ほど時間を置いてから次の段階に入りましょう。肌と乳液などの油分が定着し、メイク崩れや化粧ノリの悪さを防ぐことができますので、メイクの仕上がりや持ちに大きく影響してきます。

噂の無添加化粧品とは?
噂の無添加化粧品とは?

②下地

いよいよお化粧開始です。

下地は一日中お肌を乾燥から防げるように、保湿力の高いものを利用しましょう。ここも、下地を付けるか付けないかで仕上がりが大きく変わってきてしまいます。

③ファンデーション

インナードライ肌には、パウダータイプのものよりリキッドタイプのものがオススメです。パウダーファンデーションは乾燥しやすいため、時間が経つと粉浮きする原因となりますし、粒子が大きいため傷ついた肌の凹凸が目立ち、なめらかな肌質に見せることが難しくなります。

対してリキッドファンデーションは、肌への密着度と保湿効果が高く、パウダーのものよりもお直しが楽で綺麗に仕上げることができるのです。
リキッドファンデーションを使う時は、顔全体にベタ塗りしてしまうとのっぺりとした印象になってしまいますので、頰、額、顎などの面積の広い部分に乗せて、顔の中心部から外側にむかって指で叩き込むように伸ばしていくと濃い部分と薄い部分が出来上がり、自然に仕上がります。

④ルースパウダー

ベースメイクの仕上げに、ルースパウダーをはたきましょう。リキッドファンデーションが定着しますし、余分な皮脂を抑えてくれるので、気になるTゾーンのテカリ対策にもなります。この一手間で、ベースメイクをきれいなまま保つことができますよ。

パフでつけるとマットな陶器肌に、ブラシでつけると薄づきでナチュラルな仕上がりになります。お肌のためにもパフやブラシは清潔なものを使いましょう。また、化粧直しにも使えるのでとても便利なお粉です。

しかし、仕上げにお粉を叩くと逆に乾燥してテカってしまうという方もいるので、自分の肌質と相談しながら使い分けるのがいいと思います。

⑤クレンジング

インナードライ肌へのクレンジングは、とにかく優しく・刺激を与えず・皮脂を落としすぎない、ということが最も大切です。

クレンジングはクリームタイプかミルクタイプのものを選ぼう

クレンジング剤にも色々ありますが、オイルタイプ・リキッドタイプ・水タイプのものには界面活性剤が含まれているものもあり、また落とす際にコットンを使う場合もあるので、肌にとってはかなりの負担になってしまいます。

界面活性剤は油分で化粧を浮かして落とす役割ですが、必要な皮脂まで落としてしまうのでインナードライ肌の原因になってしまうのです。

しっかり厚めのテクスチャーのクリームタイプか、乳液のようなミルクタイプを使用することをお勧めします。両方とも洗い上がりはしっとりするので肌の乾燥を防ぐことができます。また、ミルクタイプのクレンジングは、ポイントメイクなどの濃いメイクだと落としにくいものもありますので、その場合はポイントメイク専用のリムーバーを使用するといいですね。

クレンジングをしている間にも肌は乾燥していきますし、クレンジング剤が肌に付着しているという状態だけで負担になっているので、できるだけ素早く落としきることが必要です。
きれいにメイクを落とした後は、メイク前のお手入れと同じように、水分たっぷり・高保湿なケアを施しましょう。

インナードライ肌を感じさせないメイク作り

インナードライ肌だからといって、自分好みのメイクができないだなんて勿体無いですよね。

もちろん肌に負担をかけるアイテムはおすすめできませんので、購入する際は美容部員さんに相談してみたり、インターネットで下調べをしたりして、自分の肌にどんなものを使えば楽しくメイクができるかを考えてみるのもいいかもしれませんよ。

インナードライの悩みはインヴェールで解消しよう
インナードライの悩みはインヴェールで解消しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
この記事と同じカテゴリーの記事
女性の化粧