facebookピクセル

Tゾーンのテカリを抑える簡単な方法を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

外出先で自分のTゾーンがテカっていることに気がついた時は時間が止まりますよね。
さっきお化粧したばっかりなのにもう皮脂が浮いてる・・・!
これがインナードライ肌の辛いところです。

今回は私が実践している「とにかくひたすら保水をしてインナードライ肌が原因のテカリを抑える」方法を書いていこうと思います。

とにかくひたすら保水をしてインナードライ肌が原因のテカリを抑える方法

鍵はメイク前のスキンケアにあり

メイク前にまず洗顔しますよね。
そしてそのあと化粧水をつけるじゃないですか?
その時私が常日頃思っていたことが

「水分いっぱいつけたら後でドロドロに崩れるだけだからスキンケアはほどほどにしちゃおう」

なので、私も以前は毎回そんなふうに思ってなんとなーくのスキンケアをしていたんですね。

だがしかーーーし!!

気づいたのです私は!
このメイク前のスキンケアできっちり保水をすれば皮脂も出てこないしテカリも気にならないことに!!!

化粧水をこれでもかというくらい染み込ませる

テカリを抑えるためには、肌に化粧水を入れる時にお肌から

「あの、もうこれ以上お水は入りません」

という言葉が聞こえるまでたっぷり入れ込みます。
肌がふっくらひんやりしっとりしてきたらオーケイです。

Tゾーンに追い打ちコットンパック

いちばん皮脂が気になるTゾーンに関してですが、
水分を集中放水してやりましょう。私の場合は小鼻の角栓が気になっていたのでその場所に集中砲火してやりましたよ!

具体的なやり方としては化粧水をコットンにたっぷり染み込ませて気になる部分に密着させしばし休憩。
この時に出来はじめのニキビや吹き出物の上にコットンパックするのもオススメです。
放置しすぎも乾燥の原因となるので3〜5分ほどで終了となります。

乳液とクリームをうす〜〜く塗る

テカリを抑えるためにはこの工程も結構重要です。
まず乳液をほんの気持ちですという程度(パール1個ぶんくらいかな)手のひらに広げ、顔全体にハンドプレス。
そのあと乳液と同じくらいの量のクリームも顔に広げます。
皮脂が気になるTゾーンは薄〜く、乾燥が気になる頰には心持ち多めに塗ってください。

これで仕込みは完璧です!
ベストコンディションのお肌の土台が完成しました。

いつものメイクを開始

ここからいつものメイクをしましょう。ファンデーションや下地などは出来れば保湿効果があるものが望ましいですね。

まとめ

とにかく保水に力を入れるメイク崩れ防止のスキンケアでした。
インナードライ肌の皮脂は肌が乾燥しているから出てくるものですので、乾燥する前に水分を補い良質な油で蓋をしてしまえばこっちのものです!
テカリやベタつきが気になってるあなた即実践ですよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
この記事と同じカテゴリーの記事