facebookピクセル

オイリー肌と頭皮は一緒に改善!その対策法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
オイリー肌になった頭皮に悩む女性

オイリー肌は顔だけではなく頭皮にもあるということをご存じでしたか?
実は頭皮もしっかり対策しないと大変なことになってしまいます!
そこで今回は「オイリー肌」「頭皮」についてお話していきたいと思います。

目次

オイリー肌は顔だけじゃなく頭皮にもある

日々シャンプーをしっかりしていてもベタついたり、抜け毛がひどくなっていたりしませんか?
実は頭皮も顔と同じようにオイリー肌になっているかもしれません!

オイリー肌とか肌質は顔だけでは、と思う方もいらっしゃる方がいらっしゃるかもしれません。
しかし顔と頭皮はつながっているため、お顔がオイリーだと頭皮もオイリー、ドライだと頭皮もドライであることがあるのです。

ではどのような症状が出ていたらオイリー肌か、と疑うべきなのか、症状を見てみましょう。

こんな症状が出ていたら頭皮もオイリー肌かも!?

では頭皮がオイリー肌になっているかどうか、症状から見てみましょう。

頭皮の症状チェックリスト
  • □顔の皮脂量が多い
  • □頭皮がベタベタしている
  • □ベタついたフケが出ている
  • □髪の毛がベタベタして、つぶれている
  • □頭皮から臭いがする

以上の症状はあくまでも目安ですが、該当する症状が多い場合は頭皮がオイリー肌となっている可能性があります。
そこでさらにオイリー肌であるかをしっかり調べてみましょう。

頭皮がオイリー肌になっているかチェックしよう

頭皮がオイリー肌になっているかを調べるチェック方法についてお話します。
チェック方法は用意するものは何もなく、すぐにできるものなのでぜひともチェックしてみましょう。

頭皮のオイリー肌チェックリスト

  1. いつも通りにシャンプーをする
  2. いつも通りに髪を乾かす
  3. 10分後、1時間後の指の腹やティッシュ、あぶらとり紙で頭皮を軽く押して頭皮の状態を確認する

頭皮の皮脂状態確認用チェックリスト

10分後の頭皮状態 1時間後の頭皮状態 頭皮の肌質
皮脂が出ていない 皮脂が出ている ノーマル肌
皮脂が出ていない 皮脂が出ていない ドライ肌
皮脂が出ている 皮脂が出ている オイリー肌

以上が頭皮の皮脂状態をチェックする方法です。
頭皮を押し付けた後、しばらく放置することで汗や水分が蒸発して、皮脂だけが残る点を利用した調べ方です。
もっと正確に自分の頭皮の状態を知りたい時は、化粧品売り場や育毛サロンなどで頭皮をスコープでチェックしてもらうことをおすすめします。

それでは次にオイリー肌な頭皮の対策法についてお話していきます。

オイリー肌になっている頭皮を解決するための対策法

オイリー肌な頭皮を解決するための対策法は下記の3点です。

食生活を見直す

まずは食生活を見直すことです。
人の体は食事でできているとよく言われていますが、頭皮も同じことが言えます。
そのため、食生活を改善することで、頭皮の肌質も改善され、皮脂の分泌バランスも整えられます。
脂性肌改善につなげられる食材、栄養素は下記の通りです。

脂性肌改善におススメの食材、栄養素

栄養素(役割) 食材
ビタミンB2
(脂質を分解する)
納豆、ウナギ、レバーなど
ビタミンC
(皮脂分泌を抑える)
ブロッコリー、レモン、柿、アセロラジュースなど
食物繊維
(脂質、糖質を分解して排出)
さつまいも、ごぼう、海藻類など
コラーゲン
(保湿効果)
鶏肉、魚など
ビタミンB6
(新陳代謝を良くする)
まぐろ、豆腐など

以上が脂性肌改善につなげられる食材、栄養素です。
ただ、効果のある食材を食べていても効果が出るかと言うわけでもありません。
日々の食事で栄養バランスを調整しながら食べていくことが大切なポイントです。

頭皮の洗い方を見直す

次は頭皮の洗い方を見直すことです。
頭皮対策に限らず、美容の対策を変える時はまず化粧品やアイテムを変えてしまいがちですが、実は今使っているアイテムのままで使い方を見直すだけでも改善されます。
そしてオイリー肌の頭皮ケアも洗い方を見直すことで改善へとつなげられます。
頭皮の洗い方で見直すべきポイントは三点あります。

頭皮の洗い方時の見直しポイント

シャンプーで洗いすぎていないか
頭皮の脂っぽさを取りたくて何度もシャンプーをしているとかえって頭皮は乾燥し、皮脂が出やすくなります。したがって一回でシャンプーを済ませるようにしましょう。
シャンプーを頭皮に直接つけていないか
シャンプーを直接頭皮につけてしまうと、頭皮にシャンプー液が残ってしまうので、泡立ててから全体に行き渡るように洗いましょう。
すすぎはしっかりぬるめのお湯で
汚れやシャンプー液が残ってしまうことも皮脂の過剰分泌の原因です。ぬるま湯でしっかり時間をかけて落としましょう。

頭皮環境を整えるシャンプーを使う

最後は頭皮環境を整えるシャンプーを使うことです。
食生活や洗い方を変えてもなかなか改善されない場合はシャンプーを変える必要があります。
ただし、頭皮の肌質によって、選ぶシャンプーが変わるため、変える前に自分がオイリー肌なのか、インナードライ肌寄りのオイリー肌のどちらの肌質寄りの頭皮であるかをしっかり見極めたうえで変えていきましょう。

オイリー肌頭皮の場合
皮脂や汚れをしっかり落とせる洗浄力が強いタイプがオススメです。または皮脂が毛穴詰まりにならないように、定期的にクレンジングシャンプーを取り入れるのも効果的です。
インナードライ肌寄りのオイリー肌頭皮の場合
洗浄力の弱いシャンプーで洗いながら、頭皮の乾燥がケアできれば、皮脂の分泌が落ち着いてきます。

いずれの頭皮の状態で注意すべきことは男性用シャンプーや高級アルコール系シャンプーは使用しないことです。
インナードライ肌寄りの人はもちろんですが、脂性肌の人であっても刺激が強すぎるのでかえって皮脂の過剰分泌が悪化してしまいます。

以上3点がオイリー肌になっている頭皮を解決するための対策法です。
取り入れやすい対策からチャレンジしてみましょう!

まとめ

それでは今回のまとめです。

  • 〇肌のトラブルは顔だけでなく、頭皮にも起きるものである
  • 〇頭皮の状態をチェックするにはシャンプーして髪を乾かした後10分後、1時間後に皮脂が出ているかを見れば分かる
  • 〇オイリー肌は髪を乾かしてから10分後、1時間後どちらでも皮脂が出ている状態なので、対策をする必要がある
  • 〇オイリー肌の頭皮対策は食生活を見直す頭皮の洗い方を見直す頭皮環境を整えるシャンプーを使うである

以上です。
頭皮のオイリー肌もしっかり対策をすれば改善できます。
今日から頭皮のオイリー肌対策をして頭皮環境を整えていきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
この記事と同じカテゴリーの記事
保湿をしたい女性
オイリー肌の遺伝を改善しようとする女性
肌断食をしている女性
オイリー肌対策用美容オイル
同じカテゴリの記事をもっと見る