facebookピクセル

馬油でインナードライ肌のケアを始めよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
馬油

馬油ってご存知ですか?

どーん

馬

馬です。
馬の皮下脂肪が原料の動物性油脂のことです。
つまり油です。

この馬の油がインナードライ肌改善に効果があるんですよ。
ではさっそく効果を見ていきましょう!

インナードライ肌を改善させる馬油のチカラとは?

中国では漢方薬として愛用されてきた馬油は馬のたてがみや皮下脂肪層から取り出されています。

どうして人間の肌に馬油が合うの?

馬油は、人間の皮脂とかなり近い成分の自然な油脂でありさらに「馬セラミド」が肌の角質層まで浸透して不足する脂質を補充して肌を健やかに保ってくれます。

馬油がインナードライ肌改善に適している理由は?

インナードライ肌は肌内部の乾燥が原因で皮脂が過剰になっているので、十分に保水と保湿をする必要があります。
馬油は、馬油自体の成分が肌に浸透しやすいのはもちろん、その後につける化粧水などのスキンケアまでも浸透させやすくしてくれる性質を持っています。
よって普段のスキンケアに馬油をプラスするだけで肌の内部をよりうるおすことができ、インナードライ肌改善に効果があると言えます。

強力な浸透力

馬油はよくある油とは違って肌への浸透力が非常に高いです。
容器に入っているものを触るとかなりベタベタしているのですが肌に馴染ませるとさらっと馴染むんですよ。

抗酸化作用・殺菌作用

馬油には人間の体内では作ることのできない高濃度不飽和脂肪酸がふんだんに含まれています。
皮膚の酸化を防いでくれるのでアンチエイジングにも効果があります。

血液循環作用・保湿

馬油は伸びがよく、広い範囲に素早く膜を作り保湿・保温をしてくれるので血液の循環を促進するマッサージ効果を得ることができます。

オススメの馬油

ではでは、さっそく馬油を使ってみましょう。
馬油といってもいろいろな種類がありますのでこれを使えば間違いなしのオススメの馬油を紹介しますね!

薬師堂 ソンバーユ

ソンバーユ

馬油といったらコレ!というくらいお馴染みなソンバーユ。
なんでも尊い馬油という意味でつけられたというこのソンバーユという名前からも馬油の心意気を感じます。

口コミ

  • ・顔にも髪にも体にも、便利。
  • ・かなり持つから使い続けるならお得。
  • ・安全。
  • ・皮膚トラブルが減りました。体に塗ったら、いつもあった謎のかゆみがなくなった。
  • ・べたべたしない。
  • ・お風呂上りにすぐ付けています。

姉からのおすすめで購入!
なんか見た目が古くさいし馬油?!って思っていたんですが、本当に本当に素晴らしい商品だと思います。
極少量で、お顔全体に伸びてあっという間に浸透しベタつかずさらっとします。そのあとのスキンケアもより肌に入り込んでくれているような感覚!
濡れた肌や髪にも全身に使用しています。
かなり傷んだ髪の毛なんですが、洗髪後の髪の毛につけてドライヤーするとツルツルになります。知人と会ったときに美容室がえりなの?と間違われた程です。
これから長いこと愛用する商品だと思います
出典:@コスメ

ソンバーユには無香料のものとローズやバニラなどの香料が含まれているものなどの種類がありますが、無香料は「匂いがしない」のではなく「香料を加えていない」という意味なので無香料タイプのものは若干獣臭さがあります。
顔に塗るものなので匂いが気になるという人はぜひ香料タイプをお勧めします。ローズ、バニラ、ジャコウ、クチナシの四種類が販売されています。

馬油でスキンケアをしてみましょう

馬油でスキンケアをするにあたって注意したいポイントがあります。
それはズバリ〜〜

つけすぎないこと!

これに尽きます。
「まだ足りてないかな?」といって中指ですくってたっぷり使うなんてのはもってのほか!油が多くてニキビができちゃいますよ…。

使用量は耳かき一杯ぶん

馬油を綿棒の先でちょこっとすくって手のひらを擦り合わせながら温めます。

洗顔後の濡れた肌に直接塗る

お水で濡れてても気にしないでうすーく顔に塗っていきます。
そもそも伸びの良い馬油ですが、水分のおかげでさらに広げやすくなりますよ。

化粧水など普段のスキンケアを

馬油を塗った後は、化粧水・乳液・クリームなどの普段のスキンケアをおこなってください。それぞれの美容成分がぐんぐん染み込みますよ。
いわば馬油はブースターのような役割なんですね。
特にインナードライ肌には保水と保湿が一番大切です。化粧水をたっぷり肌に入れ込みましょう!

まとめ

どうでしょう馬油の凄さはわかっていただけたでしょうか。
補足になりますが、馬油はもちろん馬から取れる油ですが馬油を作るために馬を育てたり殺したりしているのではなく、食用の馬の油の部分を使っているのだそうです。

インナードライ肌に馬油、お勧めです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
この記事と同じカテゴリーの記事
ふわふわなコットン
同じカテゴリの記事をもっと見る