facebookピクセル

インナードライ肌にクリームって必要なのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。

インナードライ肌と言いますと、必要なのは何が何でも「水分」。
化粧水に力を入れている人も多いと思います。
そして逆に見落とされがちなのが「油分」でございます。

というわけで今回は、クリームがインナードライ肌にとってどんな役割をするのか考えていきたいと思います。

インナードライ肌にクリームが必要な理由とは

水分だけでは保湿にならない

化粧水をたっぷり肌に浸透させるまでは良いのですが、その後に何もしないでおくと水分はどんどん蒸発していきますよね。
しかも化粧水だけでなく肌の中にもともとあった水分までも一緒に蒸発していってしまうのです。

それでは化粧水を使った意味が全くないではありませんか〜!

よく勘違いして、スキンケアに化粧水を数種類使っているという人もいらっしゃいますが、化粧水はあくまで保水、肌への潤い補給の化粧品です。
なので最終的には油分でフタをしないと結局意味がないんですね。

クリームはうすーく塗って、乾燥する部分には重ね塗りを

とは言えインナードライ肌は肌の表面に皮脂が出てしまってべたついている状態ですよね。
なので塗りすぎも禁物です!
ちょこっと手の平で伸ばし、顔全体に塗った後で頰などの乾燥しやすい部分にもう一度塗ると、調節ができてちょうどいいですよ。

水分も油分も必要!

結局のところ水分も油分も必要ですので水分補給だけにとらわれずクリームにもこだわってみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
この記事と同じカテゴリーの記事
馬油
ふわふわなコットン
同じカテゴリの記事をもっと見る